資産運用を楽しむブログ

社労士資格を持つファイナンシャルプランナーによるお金に関するあれこれ

「捨てられる銀行2 非産運用」を読んで

f:id:fp-uta:20170428060528j:plain

●非常に勉強になりました
 今日は捨てられる銀行2 非産運用(講談社現代新書 橋本卓典著)の紹介です。
 先月読んだのですが、紹介したいことだらけで悩み、記事にするのが遅れました。
 1章ずつ記事にしようかと思ったくらいなので、一読をお勧めします。
 理論一辺倒でもないので、読んで退屈はしないと思います。

●フィデューシャリー・デューティーの大切さ
 巷には売り手側の金融機関にとって都合がよいだけでひどい金融商品が溢れている、という
 問題意識を自分は持っています。
 恥ずかしながら、この本を読むまで今の森金融庁長官がそれを正そうとしていることを
 知りませんでした。
 この本全体としては金融庁のそういった姿勢とフィデューシャリー・デューティー(真に
 顧客本位の業務運営)の重要さを繰り返し説き、日本の資産運用や金融機関のあるべき姿を
 示しています。

●投資家はどうあるべきか
 私たち投資家がどうあるべきかが書かれた箇所を引用します。
 ・我々国民も、どう金融サービスを、どう商品を、どう金融機関を選ぶのかが問われている。
  (p.40)
 ・資産運用・資産形成は、何よりも顧客利益を優先する販売会社、資産運用会社を選ばなければ
  ならない。(中略)こうした無責任な金融機関を後世に残してはならない責任が我々にはある。
  「真に顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)を確固たるものにするための
  投資家としての責務だ。(p.273)

 関わっている一人一人に変革のチャンスがあるし、言い換えれば責任もある。
 自分はこういう考え方が好きです。
 そして、ファイナンシャルプランナーとしてそのお手伝いがしたいと思っているところです。

●蛇足
 読み終わってから気づきましたが、著者の橋本さんは共同通信社経済部の記者で、
 自分と同い年(1975年生まれ)でした。
 こんなすごい本を同い年でも書けるんだ…と刺激を受けました。

一橋フォーラム21「マネー」第2回「貨幣の歴史」を受講して

f:id:fp-uta:20170623032053j:plain
(写真は今回のセミナー風景ではありません)

自分は今、ただのサラリーマン(金融業界でもない)ですが、いつか独立系FPになりたいと思い
あれこれ勉強しているところです。
FP資格の取得ももちろんですが、本を読んだり、このブログを書いたりもその一環です。

さらに一歩を踏み出す、と言ったらオーバーですが一昨日、とあるセミナーを受講しました。
第94期一橋フォーラム21「マネー」の第2回、テーマは「貨幣の歴史」です。
主催している如水会一橋大学のOB会で、自分も会員だったりします。

セミナーの主な内容は(自分の理解では)下記のとおりです。
・貨幣は自然発生したものではなく、権力者によって発行された
・不換紙幣を初めて発行したのは中世末期フランスのジョン・ローで、現代の経済政策にも通じる
・貨幣の本質的な意義は異なる時点に移せることであり、実体経済貨幣経済は連動しており
 人口減少下ではマイナス金利は特殊なことではない(サミュエルソンモデル)
実体経済こそが重要であり、今の金融政策は順番が逆になっている(?)

様々な気づきがあり、行った甲斐はありました。
経済学を勉強してこなかったことを痛感させられました。
(経済学部出身ではないから、というのは言い訳です)


ゼロ金利やマイナス金利は異常な状態であり、いずれ(いつかは)金利は上がる、という考え方に
自分は疑問を持っています。
(なので、このブログでも「金利が上がったときには…」とは書きたくない気持ちがあります)
もっと理解を含めて、自信を持って説明できるようになりたいものです。

セミナーでは最後の20分くらいが質疑で、日銀の出口戦略を聞く質問が多かったように思います。
日本国債の暴落とか金融パニックとか、起こりうるのかもしれないと少し怖くなりました。


それから、自分は貨幣の発行は国家の重要かつ本質的な機能・権限だと思っているのですが、
話を聞いてそれほどでもないのかな?と思いました。
第5回の「仮想通貨革命」も受講予定なので、また考えてみたいと思います。

図書館の蔵書を検索する便利なサイトと税務専門の図書館

f:id:fp-uta:20170513071600j:plain

●準確定申告は無事に終わりました
 前回の記事で、さらっと「2カ月後に還付金が振り込まれた」とだけ書いてしまいました。
 少し補足すると、その2カ月の間に税務署から質問や修正の指示等はありませんでした。

 還付金の計算には自信がありましたが、付表等の書き方に不備がないか心配でした。
 ・・・と言うより、母のマイナンバーを申告書に書き忘れちゃったんですよね。
 もちろん他意はなく、単純にうっかりです。

 母とは同居しているわけではないので、必要な書類を借りてきて自宅で申告書を書いたり、
 最後は申告書を持って行ってハンコを押してもらったり。
 そうこうしているうちに忘れてしまったのです。
 税務署の人、ごめんなさい。次は気を付けます。

●便利なサイト、便利な図書館
 相続税申告書を作成するため、本を探しました(今もですが)。
 申告書を出してしまえば当然不要になるのでまずは図書館で探していますが
 すごく便利なサイトを見つけました。
 calil.jp

 自分の利用できる地域を選び、探している本の名前を入れるだけで、その地域にある
 図書館の在庫状況を検索してくれるのです。
 昔、カード(目録)を1枚ずつめくっていたのを思えば、本当に隔世の感があります。

 さらに、検索にかかった図書館の中に「日本税務研究センター」というものがありました。
 日本税務研究センター 図書室
 税務に関する情報を提供する公益財団法人・日本税務研究センターが、租税に関する
 図書などを集め、広く開放している図書室です。

 主に税理士向けなのでしょうが、一般人でも利用可能です。
 貸出は不可ですが閲覧可能(机もあります)で、1枚20円ですがコピーもできます。

 前回紹介した、準確定申告の本を読むために1度行きましたが、明るくきれいでした。
 平日日中しか開いていないので仕事を休む必要がありますが、また行こうと思っています。

準確定申告について

f:id:fp-uta:20170513071600j:plain

●準確定申告とは
 今日は、かなり久しぶりになってしまいましたが、相続税申告ネタです。
 と言っても相続税の申告ではなくて、準確定申告の方法についてです。

 被相続人(亡くなった人)が確定申告の必要があったのに、申告せずに亡くなってしまった場合
 相続人が確定申告をする必要があります。これを準確定申告と言います。
 亡くなった日、もしくは亡くなったことを知った日から4カ月が申告期限です。

 私の場合、父が今年1月に亡くなり、昨年の分と今年の分を申告すると、それぞれ還付が受けら
 れる状況でした。
 昨年の分の確定申告は通常、3月15日が期限ですが、準確定申告の場合は上記の通り亡くなって
 から4カ月が期限となります。
 結局4月上旬に去年の分と今年の分を申告し、ちょうど2カ月後の6月上旬に還付金が
 振り込まれました。

●確定申告と準確定申告の違いは?
 亡くなった人の代わりに確定申告をするようなものなので、基本的な申告書の作成方法は
 確定申告と同じです。
 私はここ10年ほぼ毎年自分の確定申告をしていたので、申告書の作成自体はそれほど問題
 ありませんでした。
 (国税庁サイトの「確定申告書等作成コーナー」頼みで、偉そうなことは言えませんが・・・)

 問題は、確定申告と異なる対応が必要なのは何か、ということでした。
 ネットで検索しても確実な答えを得られず、準確定申告の具体的な方法を書いた本もほとんど
 見つかりません。
 (「税理士のための準確定申告とその実務」という本がありますが、絶版のようです)
 
●税務署で申告書をもらえば解決
 疑問が晴れないまま所轄の税務署に行ってみたところ、申告書の用紙が置いてあるラックの
 ところに準確定申告用の申告書も置いてあり、これでほとんどの疑問が解決しました。
 
 確定申告用との違いは下記のとおりです。
 ・第一表欄外に「準確定申告」「出国・死亡年月日」のスタンプが押してある。
  (出国・死亡年月日は申告者が記入)
 ・氏名欄に「被相続人」「相続人代表」のスタンプが押してある。
  (被相続人のほか、相続人代表=申告者の氏名も記入する)
 ・「確定申告書付表」が入っている。
  (相続人が誰で、それぞれいくら納税または還付するかを記入する)
 ・「委任状」が入っている。
  (還付金を相続人の代表が受け取る場合に記入する)

 確定申告書付表のことは事前にある程度わかったのですが、委任状のことはほとんど
 わかりませんでした。
 統一された書式もないようなので、所轄の税務署に行くのが一番早くて確実なようです。

 付表にはそれぞれの相続人の相続割合を書くようになっているのですが、まだそんなこと
 決まっていないので法定の割合でひとまず書き、委任状を出すことで全額を相続人代表
 (うちの場合は自分の母)の口座に振り込んでもらうようにしました。
 この辺がわかりにくかったです。

●控除額は月割りされない!
 所得税基礎控除額は38万円ですが、これは準確定申告の場合でも月割りになったりしません。
 1月に亡くなった父の場合でも38万円です。配偶者控除等も同様です。
 なので、収入の一部が源泉徴収されている方が、年の前半で亡くなった場合には還付を受けられる
 可能性が高くなるものと思われます。

 ちなみに、税理士さんに準確定申告を依頼すると5~10万円くらいでやってもらえるようです。

●いよいよ相続税の申告書を・・・
 FPの試験も終わりましたし、そろそろ「本丸」の相続税の申告書作成に取り掛からないとです。
 6,7月で調べながら作成を進め、8月のお盆休みで提出できればと思っています。
 作成途中でどこまで記事に出来るのかわかりませんが、後から思い出して書くのは難しいので
 ちょくちょく書いていきたいと思います。(今回、ちょっと反省)
 

ネット銀行とメガバンクの比較~まとめ

f:id:fp-uta:20170428060332j:plain

ブログ本格復帰最初の記事は、予告通りネット銀行シリーズのまとめです。
何度も書いてきたので、一旦終わりにしないと。

●これまでの記事のテーマと結論

 1回目の記事(預金金利)⇒ネット銀行有利だが、それほど大きな差ではない

 2回目の記事(ATM利用手数料)⇒ネット銀行有利(コンビニATMも無料など)

 3回目の記事(振込手数料)⇒ネット銀行有利(メガバンクも条件満たせば無料の場合あり)

 結論だけ書くとネット銀行の方が断然優れているようにも見えますが、その差はそれほど大きくなく、
 必ず口座をつくりましょう、と言うほどではないと感じました。

 コンビニATMを無料で使えるのはメリットが大きいと思いますが、一定の残高があればメガバンクでも
 同様のサービスはありますし、そもそも便利な場所にコンビニがなければ関係ないですから。

●ネットバンクとの付き合いを振り返ると・・・

 どうしてこんなに中途半端な結論になってしまったんだろう?と思い、自分の銀行との付き合いを振り返ってみました。

 学生時代も銀行口座はいくつか持っていましたが、まず就職してすぐ東海銀行(現・三菱東京UFJ銀行)の口座をつくりました。
 職場内にATMがあって便利だったからです。給与振込口座にして、独身時代のメインバンクでした。
 20世紀終わりのことなので、まだネット銀行はありませんでした。

 21世紀に入って数年後、結婚するときに新生銀行の口座をつくりました。
 夫婦としての口座が必要になり、ATM手数料・振込手数料無料に魅かれました。
 (へそくり用の口座ではないですよ!)
 
 その後2010年頃でしょうか、口座を持っていたSBI証券との連携が魅力で住信SBIネット銀行にも口座をつくりました。
 ハイブリッド預金はとても便利です。
 また、住宅ローンもここから借りています。

 他にもいくつか口座はありますが、現在主に使っているのは上記3つの銀行です。
 振り返っていて思い出しましたが、新生の口座をつくったころは既存の銀行(ちょうどメガバンクができたころ?)に
 ずいぶん憤っていました。「なんで自分のお金下ろすために手数料払わなきゃいけないんだ」とか。
 サービス内容がほとんど横並びだったことも不満でした。
 そんな中で顧客にとってありがたい商品・サービスをネット銀行が提供し始めたので
 口座をつくったのだと思います。
 
 預金金利や手数料無料ももちろん嬉しかったですが、今になって思えば、
 「お客様によい商品・サービスを提供する」いう気持ちがネット銀行から感じられたことが
 満足度をアップさせていたのだと思います。

 飲食店や旅館等の口コミでは、本来のサービス(料理の味や部屋の設備等)に加え、
 「店主の感じが良かった」といった書き込みも多くなされ、満足度を大きく左右していることがわかります。
 感じの良い人(会社)と付き合うと気持ちがいい、というのは、金融機関選びの場合でもあてはまるのです。
 こういった、「いくら儲かった」とは違った喜びを得ることも「資産運用を楽しむ」ポイントの一つではないかと。
 
 最後になりましたが、ネット銀行とメガバンクに思ったほど差がないと感じた最大の原因は
 メガバンクのがんばり(サービス拡充)にあると思います。
 預金金利以外は横並び感がだいぶ薄れてきて、昔のような憤りは感じません。
 
 自分にとって便利な、「気持ちの良い」銀行を選びましょう。

正しくは「受検」

f:id:fp-uta:20170510061444j:plain

前回の記事(FP1級実技試験時の服装)は今までで最高のアクセスを記録しました。
(と言っても数十回ですが)
受験者が少なくて情報が少ないからでしょうかね。
来週受ける人は、今年の情報を一生懸命探しているのかも・・・。

今朝の記事もこの記事も、自分は「受験者」と書いていますが、
きんざいのFP試験の場合、正しくは「受検票」「受検者」です。
「検定を受ける人」の意味なんでしょうね。
変換が面倒なので、「受験」としてしまいました。

・・・次アップする記事を少しずつ書こうと思ったのですが、ついついどうでもよいことを書いてしまいました。
明日からは真面目に書きます。
まずは「ネット銀行とメガバンク比較のまとめ」を、と思っています。
グダグダになりそうですが、がんばって書きます。

FP1級実技試験時の服装

f:id:fp-uta:20170510061444j:plain

昨日は起きてすぐ、「FP1級実技 ネクタイ」で検索しました。
クールビズスタイルで受験した人はそれなりにいるようだったので、結局ジャケパンで行きました。
ネイビーのジャケットとグレーのパンツという"鉄板"スタイル。
シャツは白無地、靴もスエードは止めてカジュアル感は出さないように気を付けました。

会場に行くとまず、同じ時間に受験する40名が一つの部屋に集められて諸注意を受けました。
女性は10名いたかどうか、ほぼ全員が黒やグレーのスーツ上下でした。
男性はほとんどがスーツ上下、うちネクタイをしていたのは半分弱だったでしょうか。
残りはクールビズスタイル。自分と同じジャケパンスタイルは1人だけ見つけました。

次回・・・は2月なのでクールビズはないですね。
来年以降、6月に受験される方の参考になればうれしいです。

肝心の試験内容ですが、「落とすための試験ではない」というどなたかの言葉を実感しました。
自分にとって「最後のFP試験」にできたのではないかと思います。

試験も終わったので、このブログの更新もがんばっていきたいと思います。