資産運用を楽しむブログ

社労士資格を持つファイナンシャルプランナーによるお金に関するあれこれ

株主優待はなぜ楽しいのか 物をもらう喜び

f:id:fp-uta:20170707021452j:plain

一昨日の記事で、株主優待は楽しいと書きました。
fp-uta.hatenablog.jp

なぜ優待が楽しいのかを解明すべく、まずは自分なりの楽しみ方を思い出してみます。

優待券を使って楽しい瞬間

株主優待のジャンルは様々ですが、自分が楽しかったものとして真っ先に思い浮かぶのは外食です。
ほとんどファーストフードですが、高いものも気にせず食べたいものを選べるのは利点です。
どうせだから高いものにしようとか、お釣りは出ないから優待券きっちりの金額に近づけようとか考えてしまうので自由に選んでいなかったりもしますが。

会計時、優待券だけもしくは不足の数十円だけを払うと、タダで食べることが出来たような気になります。
投資の成果として得たものなのでどこか間違ってるような気もしますが、すごく得をした感じがします。

さらに、たとえ100株しか持っていなくても「自分はこの店の(プチ)オーナーだ」と思えるのはちょっといい気分です。
(同時に「金券ショップで買ったんじゃなくて、本当に株主なんですよ!」と主張したい衝動にも駆られます)

クオカードには興味なし

優待としてクオカードを株主に送っている会社も多いですが、自分はそういう会社の株は買ったことがありません。
金券を送るくらいなら配当増やせばいいじゃん、と思います。
業種によっては優待品にする商品・サービスがないというのはわかりますが、ちょっと味気なくて。

自分が元々気に入っている会社の商品やサービスを得られるのが好きです。
その会社を応援してる気にもなります。

お金より物の方がうれしい

考えてみれば、お祝いでお金や物を贈ったりそのお返しをしたりというときも、物をもらったときにはお金とは違った喜び(オーバーに言えば感動)がありますよね。
株主優待にも同じような効果があるのかな、と思いました。

失敗談は明日。(こっちの方が面白い記事になりそうな気がします)

画竜点睛

株主優待は金額以上に嬉しくなってしまうことがあります。
(錯覚に惑わされてはいけない気もしますが、いい気分になれるならいいんじゃないでしょうか)

個人金融資産は過去最高なれど

f:id:fp-uta:20170707021452j:plain

個人金融資産が過去最高に

資金循環統計が発表され、個人金融資産が過去最高(1832兆円)を記録したそうです。
資金循環統計(17年4-6月期)~個人金融資産は、前年比77兆円増加の1832兆円に、過去最高を大きく更新 (ZUU online) - Yahoo!ニュース

うち51%が現金・預金で、分析によれば相変わらず貯蓄から投資へという大きな流れは生まれていないそうです。
先進国では現預金の比率が30%前後で、その差は概ね株式等に投資されています。
投資信託経由や年金経由も含め)

だから日本人ももっと投資にお金を振り向けようよ、と金融庁をはじめがんばっている方がいるのです。
株価を上げたいという魂胆も見え隠れしますが、資本主義経済が発展し続ければ株価は長期的には上がるという前提に立てば、資産形成に有効なのはたしかです。
みんなが買えば株価も上がって、win-winの関係と言うんですかね。

しかし、では投資をしてみようかと証券会社を訪れると手数料の高いアクティブファンドしかなくて…というのが今の状況です。
そこで、正しい情報と資産形成に資するよい商品が必要だ、ということで来年始まるつみたてNISAでは半ば強制的にそういった商品が揃えられることになりそうです。

そうは言っても高齢者は・・・

これを取り上げたニュースでは、家庭用の金庫が売れているということも取り上げられていました。
長期的な資産形成と言われても、高齢者は自分があと何年生きられるか考えれば躊躇してしまう面があるでしょう。
短期的には下がるリスクはあるのですから。

そうなれば現役世代に比べ現金預金の比率を高めたくなります。
しかし、銀行にまとまった額を預けると変な商品を勧められてしまう。
だから自宅の金庫に現金を入れて保管、というのは一理あります。

個人的には盗難リスクのほうが気になります。
相続税を本気で払いたくない人なのかな、という推測もしてしまいます。

画竜点睛

日本の個人金融資産残高は最高なれど、投資への流れは加速せず。

配当、優待は収益を下支えしてくれる

f:id:fp-uta:20170707021452j:plain

3つに分類した投資スタイルの3つめ
配当・優待を得ることで株価の動きに関わらず利益をあげることができる
の紹介です。

株式投資の原点

株式投資と言うと今ではまずキャピタルゲイン(値上がり益)を思い浮かべてしまいますが、元々(株式会社という制度が出来たころ)は出資して利益の一部を配当(インカムゲイン)として受け取るのが株式投資の目的だったのです。

この配当と日本特有とも言われる株主優待によって利益を得ようとする投資スタイルです。
最近では優待だけで生活費を賄う桐谷さんのような有名人もいて、一定の信者がいます。

株価の日々の動き(時には大きく下がる)に対して配当額や優待制度は変化が少ないので、比較的安定して利益を得ることができます。

そうは言っても突然なくなることも

信者の中には配当を「毎年確実にもらえる」かのように表現する人もいますが、そんなことはありません。
配当は本来、利益に応じてなされるものであり、減ったりなくなったりすることがあります。
日本では会社も株主も安定配当を是とする風潮が強いので、あまり変化が多くないだけです。

株主優待も同様で、会社の一存で改悪、廃止ができます。
そこは理解しておくべきかと思います。

他のスタイルと併用可能

このスタイルは株価の予想可否に対してニュートラル(直接的に関係しない)です。
なので、他のスタイル(普通の株式投資インデックス投資)と併用しても抵抗がありません。
自分も、当初①のスタイルで投資していたときから②に移行した現在まで、ずっとこのスタイルの投資を続けています。

例えば10万円である会社の株式を買い、1年間に配当と優待を計5千円分受け取ったとすると配当+優待の利回りは
 5,000÷100,000=5%
となります。
10年保有し続ければ5×10=50%となり、たとえ株価が30%下がっていても、トータルではプラスになります。
税金の影響は無視しているのでざっくりですが、株式投資による収益を下支えしてくれることはたしかです。

優待を使うのは楽しい!

投資を始めて以来なのでもう10年以上になりますが、優待券を使って買い物するのは実に楽しいです。
値段以上に得した気になっているのは錯覚なのか、何か別の理由があるのか。
いずれ失敗談と合わせて書いてみたいと思います。

画竜点睛

インカムゲイン(配当と優待)は株式投資による収益を下支えしてくれます。
優待は金額以上の楽しみをもたらしてくれます(要検証)。

「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」を読んで

f:id:fp-uta:20170704235151j:plain

インデックス投資ブロガーによる初心者向け指南本

久しぶりに雑誌ではなく書籍の書評です。
「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」(吊ら男 ぱる出版)

著者の吊ら男さんはインデックス投資ブロガーで、初めての著作のようです。
初心者向けに本当にわかりやすく書かれている、という評判を目にしたので読んでみました。

実践的で分かりやすい

1章~3章で具体的な投資法とその理由が書かれています。
まず結論が書いてあり、重要な点は(ややキャッチーですが)大きな太字で強調されていて分かりやすいです。

内容は、極めてオーソドックスなインデックス投資です。
ちなみに、この人はインデックス投資をズボラ投資と呼んでいますが、山崎元さんがほったらかし投資と呼んでいるものと同じです。
株価の動向や個別銘柄の値動きをチェックしなくてよいことから、このような名前がついています。

資金の捻出方法まで教えてくれている

投資本としては異例かと思いますが、そもそも投資に回すお金がないという人のために、5章で節約法まで載せてくれてます。
格安スマホを利用することと保険(生命保険、医療保険)を止めることです。

どちらも自分も実践しているので、納得というかほっとしました。

詐欺や“ボッタクリ投資”への注意も

4章では投資を謳った詐欺についても事例を挙げ、注意を促しています。
節約術も含め、著者は投資初心者のことを本気で考えてこの本を書いたことが伝わってきます。

手数料の高いアクティブファンド等の金融商品にも“ボッタクリ投資”として注意を呼び掛けています。
少し厳しすぎるかなという気もしますが、自分も顧客本位と到底言えない商品を言葉巧みに初心者に売り付けるやり方には怒りを覚えているので、気持ちは大いにわかります。

画竜点睛

初心者向けインデックス投資の優れた指南本です。
ペンネームやピンクの表紙と正反対?の真面目な本です。

インデックス投資とは

f:id:fp-uta:20170707021452j:plain

3つに分類した投資スタイルの2つ目
個別銘柄の株価の動きは予測できないが、長期的に平均株価は上昇する。
について書きます。
投資スタイルの分類についての記事はこちら↓
fp-uta.hatenablog.jp

市場全体の上昇によって利益を得る

株価の予想はプロでも難しく、半分以上は予想が外れています(一昨日の記事はこちら)。
しかし、長期的に見れば経済の発展につれて平均株価は上昇していきます。
株式会社の仕組み上、少なくとも理屈としてはそうなるし、実際も概ねそうなってきたと言えます。

この考えを基にしているのが、個別の会社の株価予想はせずに市場平均並みの利益を目指す投資スタイルです。
株価指数(=インデックス)に連動することを目指すためインデックス投資と呼ばれています。

インデックスファンドはどんどん利用しやすくなっている

かなり以前からプロの世界、特に年金資産の運用ではよく使われていました。
年金資産は長期で運用するため、理にかなっているからです。

ここ5年間くらいでしょうか、日本でも個人向けのインデックスファンドがネット証券を中心にラインナップが充実してきました。
特にここ1~2年は手数料の引き下げ競争が激しくなっており、インデックス投資家にとってありがたい環境になってきています。

また、インデックス投資家も増えてきているようで、ブログでの情報発信や本の出版を行っている著名なブロガーもいます。
(私も大いに参考にさせてもらっています)

アクティブファンドがそれほど勝ててないことに気付いたからなのか、世界的にもインデックス投資が主流になってきているそうです。

自分もそうです

インデックス投資家の中には、いわゆる一般的な株式投資で失敗してインデックス投資に転向(?)した人も多いようですが、自分もその1人です。
3年前に山崎元さんの著書でこの投資法を知ってから、NISAを利用してインデックス投資を始めました。
確定拠出年金(企業型)もインデックスファンドで運用しています。

これからも経済が発展し続けるのかどうか、正直言って疑問なところはあります。
実際、2000年(日本は1990年以降)以降の先進国の株価を見れば、右肩上がりとは言いづらいところもあります。
リーマンショックがあったから短期的に下がっただけなのか、検証にはもう少し時間が必要だと思います。

究極的には「資本主義経済が発展するかどうか」にかかっています。
資本主義もそろそろ限界では?と感じる部分もありますが、その先の見通しがあるわけでもなく、ひとまずこの“教義”を信じているといったところです。
(少なくとも、現時点で一番納得性の高い“教義”だとは思います)

画竜点睛

市場平均の株価に連動したインデックス投資は、投資スタイルの主流になってきています。

相続税の申告 その12~申告書完成!

f:id:fp-uta:20170627222903j:plain

ようやく申告書が完成しました

1月に亡くなった父の相続税申告書を作成していました。
計算・下書きは9月10日に済んでいましたが、清書に失敗して(記事はこちら)完成に至っていませんでした。

用紙を国税庁のサイトからダウンロードし、気を取り直して再度書き始めました。
今日は書き損じ1回だけで最後まで書き終えることができました。
ついに申告書完成です。
何が何でも今日で終わらせる、と思ったらこんな時間になってしまいました。
(始めたのは21時半くらいで、途中テレビを視ていたせいもありますが)

小規模宅地の特例や配偶者の税額の軽減を使って納税額は0ですが、税務署から要らぬ疑いを持たれぬよう、
「正しく計算・申告できてます」アピールのために細かいところも色々調べました。
書き間違いも訂正印を押せば済むのかもしれませんが、きれいな方が信用されるかな、という思いがありました。

あとは添付書類をコピーすれば、提出可能になります。

蛇足

相続税の申告書は第15表まであり、自分はそのうち6つ記入しましたが、それぞれに被相続人(亡くなった父)の名前を書く欄があります。
何度も父の名前を書いてるうち、「息子である私が相続税の申告書を作るとは、父は想像していなかっただろうな」と思ったりしました。

株価の予想はプロでも難しい

f:id:fp-uta:20170707021452j:plain

昨日の記事で投資スタイルを3つに分類しました。
fp-uta.hatenablog.jp
今日は1つ目の
個別銘柄の株価の動きは、(分析等を頑張れば)予測可能である。
について書きます。

従来の株式投資のほとんどがこれ

株式投資と言われてまず連想するのは、株価が将来上がると予想した会社の株式を購入し、上がったところで売却して利益を得るというものだと思います。
株価の予想方法はたくさんありますが、代表的なものとしては
・A社は画期的な新製品を売り出したから今後株価が上がるはず(グロース投資)
・B社は業績も財務体質もよいのに、株価が低い。正当に評価されていないのでいつか上がるはず(バリュー投資)
・C社の株価は下がってきたが、チャートを見るとそろそろ上がるはず(テクニカル投資)
といったものがあります。
デイトレードもごく短期の株価を予想して売買しているという点でここに含まれます。

際限がないのでやめますが、これ以外にも(この中にも)実にたくさんの“宗派”があります。
共通しているのは分析・研究によって将来(短期・中期)の株価を予想して売買をしていることです。

アクティブファンドもこのスタイル

投資信託の中に「アクティブファンド」と呼ばれる市場平均以上のリターンを目指す商品がありますが、このアクティブファンドもまさしくこの投資スタイルです。
例えば日本株のアクティブファンドであれば、運用管理者はTOPIX日経平均を上回る収益をあげることを目標にどの会社の株式を買うか(売るか)、必死に予想して運用しているわけです。

信じる者は報われるのか?

では結果はどうかというと、アクティブファンドの半分以上は市場平均(≒平均株価の上昇率)を上回る運用成績をあげられていない、というデータがあります。日本でも海外でも同様です。
ざっくり言えば、運用のプロが仕事として必死に取り組んで予想しても半分以上は外れているということです。

もちろん、予想が当たって(当たり続けて)資産を何倍にも増やしている人もいます。
しかし、プロでも半分以上が外れているのですから、素人が勝ち続けるのは至難の業です。

自分もそうでした

大抵の投資家は、このスタイルから投資をスタートさせているのではないかと思います。
自分もそうでした。
投資を始めて何年かは、色々な会社の株式の売買を繰り返していました。
儲かることも損が出ることもありましたが、たまに大きく損を出す銘柄があることで、トータルではマイナスかせいぜいトントンでした。

どの株を買うか考えるのは楽しいですし、予想が当たったときの喜びも大きいです。
しかし、結局は「素人が勝ち続けるのは無理」ということがわかってきます。
そもそも投資に費やせる時間も限られているのですから。
今では、このスタイルでの投資は行っていません。

負けて投資自体を止めてしまう人もたくさんいると聞いていますが、別のスタイルで続けている人もいます。
別のスタイルについては次の機会に。

画竜点睛

株価の予想はプロでも難しい。
いわんや素人をや。