楽しく堅実に資産を増やしたい

投資初心者に堅実な投資の情報を整理していきます

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」で選んだ商品

f:id:fp-uta:20170915060037j:plain

投票先はこの5つ

ブログで投票先まで明かすことは求められていませんが、書いちゃいます。
以下の5つに1点ずつで投票しました。

国内株式インデックスファンド

 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
 eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

先進国株式インデックスファンド

 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

全世界株式(除く日本)インデックスファンド

 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

つみたてNISA対象商品から選びました

国内で販売されているすべての投資信託ETFが対象なので投票できるファンドはとてつもなく多いです。
また、どういう視点で選ぶかによって結果は変わってくるでしょう。
そこで、自分は「新社会人(若者)に勧めるとしたら」という観点で選ぶことにしました。

これから投資を始めようという人に、自分ならつみたてNISAで投資を始めることを勧めます。
だから、つみたてNISA対象商品から選ぶことにしました。
150くらいしかないので、これでかなり絞れました。

日本も海外も含めたインデックスは?

世界中の株式に分散投資するのがよいと考えるので、一番楽なのは話題の楽天バンガード全世界株式など全世界に投資するインデックスファンドだろうと思います。
しかし、最初からこれを買ってしまうと、自分が日本と海外それぞれどのくらい投資しているのかわからなくなりそうです。
それくらいはわかってた方がよいのでは、というおっさんの余計なお世話で全世界対象のファンド(日本も海外もこれ一本)は候補から外すことにしました。
(買ってもよい商品だとは思います)

新興国は?

海外株式のインデックスファンドには①先進国のみ②新興国のみ③両方を含むの3種類があります。
自分は①と②をそれぞれ保有していて、②の比率が低かったので今年は②の新興国のみのファンドをつみたてNISAで毎月購入しています。

でも、これがマイナスなんですよね。
5年前に買ったのもトントンかマイナスくらい。ずっとそんな感じのように見えます。
だから、「君もこれ買いなよ」と言いにくいです。

そんな短期の話ではなくて、新興国が経済成長を続けると見るなら対象に入れるべきでしょうし、新興国新興国のまま=株価は将来も上がらないと見るなら外すべきです。
外すなら①の先進国のみのファンドを選び、含めるとしても②は選びにくいな、③ ならありかな、と考えました。

その結果、先進国のみ対象のファンドを2つと日本以外全世界のファンドを1つ選びました。

信託報酬と純資産

投資対象が決まってしまえば、あとは信託報酬が低く純資産の多いファンドを選ぶだけです。
信託報酬の値下げが続いたおかげで、例えば国内株式なら0.2%を切る水準にたくさんの商品があります。
正直気にしなくてよいくらいの差ですが、純資産の多いニッセイと、今後も信託報酬最安を目指すと宣言しているeMAXIS Slimを選びました。
海外も同様の考え方で上記の商品を選びました。

なお、自分は日本株式のインデックスファンドはTOPIX連動のものを選んでいます。
日本の株式、経済の状況を反映するものとしては最も適切と考えているからですが、日経平均もダメとまでは言えません。
ここは好みで選べばよいかと。

投票結果の発表は来年1月13日だそうです。
楽しみに待ちたいと思います。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018 に投票しました。

f:id:fp-uta:20170915060037j:plain

先週予告した通り、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」に投票してみました。
投資信託にも「協会コード」というものがあるんですね(知りませんでした)。
このコードを入力して投票する方法でした。(コードがわからなければファンド名でも可)
任意ですが、理由やそのファンドへの熱い思いも書けるようになっています。

どの投資信託に投票したかは明日書こうかと思っていますが、結果的に自分が保有しているものは1つもありませんでした。
この業界が進化を続けていることのあらわれ・・・ですかね。

なりすまし防止のため、ブログで「投票しました」というエントリを書くというきまりがあるので、今日はそのための(?)記事でした。

腕時計の電池交換に期限間近のビックカメラの優待券を使えた

f:id:fp-uta:20171002232342j:plain

期限間近の優待券は・・・

株主優待券を保有し続けていると、今買いたいものないけど優待券の期限切れちゃうから買い物するということがあります。
今月末が期限のビックカメラの優待券が1000円分残っていました。
妻に聞いても特に欲しいものなく、そろそろ店内をブラブラして何か買おうかと思ってました。
ゴルフは最近やってないから、玩具かなとか・・・。
優待で得するはずが、無駄遣いをしてしまわないよう注意が必要なときです。

腕時計が・・・

昨日職場でふと腕時計を見ていたら、秒針の動きが秒でした、じゃなくてでした。
2秒動いては止まり、2秒動いては止まりの繰り返しです。
壊れたかとおもいましたが、時刻は合ってます。

ネットで調べたら、これは間もなく電池切れを教えてくれるサインだそう。
よっしゃラッキー!
夜予定もなかったのでビックカメラに寄り、電池交換しました。
交換代は2,160円なので優待券だけでとはいきませんでしたが、無駄な買い物をしなくてすんだので、得をした気分になりました。

以前も電池交換に

ビックカメラの優待がどんな内容か紹介しようと思って過去記事を見ていたら、今年の6月も妻の腕時計の電池交換に使ってました!
すっかり忘れてました。
fp-uta.hatenablog.jp

先月はスマホの保護フィルムにも使いましたし、今年は無駄遣いせずに済んだようです。
家電屋さんの優待券は持ってて損がない印象です。
(「乾電池を買う」という最終手段もありますし)

ニュースへの雑感~ATM相互利用、投資信託の損失、消費税軽減税率

f:id:fp-uta:20170704235151j:plain

今週報じられたニュースへの、短めの感想。
少し怒りも交えながら。

ATM相互利用

三菱UFJ銀行三井住友銀行がATMを相互開放するというニュースが出ました。
三菱UFJと三井住友、ATM相互開放へ 来年度にも、店外2千数百カ所 - 産経ニュース

5月に観測記事が出ていて、ついに正式発表されたというところです。
fp-uta.hatenablog.jp

利用者としてはひとまず歓迎すべきことですが、台数が削減されて最終的には不便になる可能性があります。
各行のATM削減の号砲となり、キャッシュレス化への転換点となるのか?

投資信託の4割が損失」は既出のニュース!

投資信託の4割が損失となっていることを金融庁が公表した、というニュースが報じられました。
投資信託、顧客の4割が損失 金融庁が成績公表 - 産経ニュース

これは7月に報じられたものと同じことを言っているだけで、9月末の状況を伝えているわけではありません。
7月に出た報道をもとに書いた記事はこちら
fp-uta.hatenablog.jp

7月に発表したときは各行で指標がバラバラだったから共通化して分析したら・・・という結果を金融庁が11月7日に発表したもので、18年3月末時点を評価の対象にしているのは同じです。
引用した産経新聞だけでなく、どのメディアもあたかも新しい情報かのように報じていることに疑問を感じました。

消費税の軽減税率は既に大きな無駄を生んでいる

来年10月に消費税の税率が10%に引き上げられる予定ですが、食料品は8%のまま据え置く(軽減税率を適用)となっています。
イートインコーナーで食べたらどうなるか?といった疑問が出されていましたが、今週国税庁が新たなQ&Aを公表しました。

自分も面白がってニュースを見てしまいましたが、8%と10%の2種類の税率に対応しなければならない小売店の負担はかなりのものと想像がつきます。
導入後にレジで聞かなきゃならない(客の立場では答えなきゃならない)手間は相当なものですし、既にあれこれ考えてる時点で多くの人の膨大な時間とエネルギーを使っています。

国全体でこういう後ろ向きというかどうでもいいことに費やす時間と、グレーゾーンの2%の税収が費用対効果の観点でバランスしているようには思えません。
「こんなことになるなら、全部10%でいいですよ。軽減税率廃止して」とまでは言えませんが・・・。
(もしかして、そういう流れになることを狙っているのか??)

村上ファンド事件を振り返り、コーポレートガバナンスについて考えてみる

f:id:fp-uta:20170707021452j:plain

昨日は村上世彰さんの本を紹介しました。
fp-uta.hatenablog.jp

本の中では半生を振り返るような部分もありますが、いわゆる「村上ファンド事件」については触れられていません。
事件について世代的に知らない方や私のように忘れてしまった人もいると思うので、どんな事件だったか振り返りながらコーポレートガバナンスについて考えてみます。

会社は誰のものか

村上さんは1999年に通産省を退官して投資ファンド(いわゆる村上ファンド)を設立し、注目した会社の株式を大量に購入してその会社に物申す、ということを行っていました。
内部留保を溜め込んでいる会社に投資するか株主に還元するかを迫ったり、言うこと聞かなければ経営陣の選任に反対したりとかです。

企業間の持ち合い株式が多いこともあってそれまでの日本企業は株主への意識が希薄でしたし、「無借金経営」を是とする風潮もまだまだ残っていました。
株主から提供された資本や内部留保を使ってさらに会社を発展させなきゃダメでしょ、ということを村上ファンドや海外のファンドが指摘し始めたのです。

ニッポン放送株のインサイダー取引

村上さんはニッポン放送株式を巡るインサイダー取引の容疑で2006年に逮捕され、最高裁まで争いましたが有罪が確定しました。
ニッポン放送の株式取得の主役はホリエモンこと堀江貴文さんで、そのとばっちりを受けたようにも見えます。

当時の村上さん(やホリエモン)への世間の印象は、「金儲け至上主義」「楽して稼いでるイメージ」だったと思います。
それは言い過ぎかもしれませんが、「汗水流して働いてる人が馬鹿を見る世の中ではいかん」という空気を反映した逮捕だったように感じた記憶があります。
単に、既存の大企業と利害がぶつかり、国も大企業に寄り添った判断をしただけかもしれませんが。

お金儲けは悪いことですか?

村上さんのイメージを決定付けたのが、逮捕直前に記者に囲まれた会見で
「お金儲けは悪いことですか?」と記者に逆質問したシーンでした。
あのシーンだけ見て「この人はお金儲けが第一なのだ」と思った人は多かったのではないでしょうか。

当時もなんとなく感じていましたが、お金儲けそのものに善悪はなく、株式会社はお金儲けを追求する組織です。
発言へ至った文脈(記者の質問)は忘れましたが、お金儲けそのものを問題視するような風潮は当時ありました。
昨日紹介した本を読めば、村上さんの発言の意図は判るのではないかと思います。

コーポレートガバナンスは進展したか?

最近は「会社は誰のものか」という議論を聞かなくなった気がします。
株主を重視しなければ、という考え方が当たり前になったからかもしれません。
コーポレート・ガバナンスコード、スチュワードシップ・コードと、企業や投資家が健全な発展を目指すためのルールも策定されました。
村上さんが逮捕された12年前に比べれば進展したとは言えますが、企業の本音ベースではまだまだ変わっていない部分もあるのでは?と思います。

画竜点睛

日本企業のコーポレートガバナンスの状況は、長い目で見た企業の発展に関わるものであり、インデックス投資を行っているのであれば「それとなく」気にしておくべきかと思います。
「ESG投資」が出てきたのもまさしくそういう発想かと。

村上さんが書いた「生涯投資家」も読んでみたくなりました。

村上世彰さんの「いま君に伝えたいお金の話」を読んで

f:id:fp-uta:20170704235151j:plain

Amazon CAPTCHA

30代以上の人なら「村上ファンドの村上さん」と言った方がわかるのではないでしょうか。
村上さんは最近、中学や高校で「お金の学校」という講義をしているそうで、その内容をもとに「お金とは何か」やお金とのつきあい方を子供向けにわかりやすく書いた本です。

お薦めです

10年ほど前の“事件”を知っている人は、村上さんというと「金の亡者」のような印象を持っている人も多いのかもしれません。
しかし、この本はお金とニュートラルな気持ちで付き合い、増やし、使っていく助けになります。
また本当にわかりやすく書かれていて、小学校高学年から中学生でも十分読んで理解できそうです。

漢字にルビをふってくれているところもありますが、自分の娘は小学校低学年なのでまだちょっと厳しいですかね。
もう少し大きくなったら読ませたいです。

特に印象に残ったところ

あまり本筋ではないかもしれませんが、村上さんは「会社が株主だけのものだとは思っていない」というところです。
コーポレートガバナンスとは(中略)、会社の経営がきちんとルールにのっとって行われているか、株主など会社に関わるすべての人にとってと思われる経営が行われているか、監視する仕組みのこと
と述べています(p.110~111)。
「株主にとって」と、「株主など会社に関わるすべての人にとって」の間には大きな違いがあり、サラリと書いてしまうところに自分は少々驚きました。
まあ、村上さんを偏った目で見ていただけかもしれませんが。

もう1つは、お金の使い方や寄付について書かれていた部分(第7章)です。
これは、本人も認めていたように“事件”後に考えが変わった部分も大いにありそうです。

“事件”とは何だったのか、自分も忘れている部分がかなりあります。
明日は振り返りながら、コーポレートガバナンスについて少し書きたいと思います。

優待券を使ってオーダーしたスーツが出来上がりました

f:id:fp-uta:20181107060733j:plain

青山の優待券を使ってユニバーサルランゲージでオーダーした(自分にとって)高いスーツが出来上がりました。
つくったときの記事はこちら。
fp-uta.hatenablog.jp

出来上がりが今週日曜だったので月曜に取りに行き、水曜に初めて着ると決めてました。
火曜に早速着てもよかったのですが、「即先発」というのもな、と思ってなんとなく。

天気予報を見て決めた訳じゃなかったのですが、結局昨日はほぼ1日雨で、しかも外出が多く少し濡れました。
ラッキーでした。

昨日着てたスーツもお気に入りではあるので、濡れるたびにちゃんとハンカチで拭きましたよ。