資産運用を楽しむブログ

社労士資格を持つファイナンシャルプランナーによるお金に関するあれこれ

荻原博子さんの「投資なんか、おやめなさい」を読んで

f:id:fp-uta:20170704235151j:plain

「投資なんか、おやめなさい」(荻原博子、新潮新書)を読んだ感想です。

荻原さんが怖い顔で・・・

荻原さんはテレビでもよく見かけ、お金のことをわかりやすく穏やかに教えてくれるちょっと上品なおばさま、と思ってました。
それがこの本の帯では恐い顔をして、指差してます。
さらに「銀行・証券・生保 激怒必至」という物騒なコピーまで。
買って読んでみました。

「クズ商品」を徹底的にわかりやすく説明

これも刺激的なタイトルですが、第3章で「こんなクズ商品には手を出すな」と題して、毎月分配型投信や投信とセットの定期預金、外貨預金等ちょっと魅かれる商品のダメさ加減をわかりやすく説明してくれています。

他の章では外貨建て生命保険や個人年金も詳細な解説とともに「ダメ出し」してます。
たしかにこれでは銀行も生保も売るものがなくなってしまいます。
ただ、言ってることはほとんど同意できるもので、対面で売られている金融商品買ってはいけないものが溢れていることを改めて確認できます。

インデックス投資や積立投資も否定?

投資を勧めない本なので、インデックス投資も勧められていません。ただ、クズ商品には挙げられておらず、否定しているのかはわかりません。

株価は上がることも下がることもあると書いていて、長期的には上昇するものとは考えていないように見えます。これも明記されていないのでわかりませんが。

ドル・コスト平均法による積立投資にも否定的です。
「高いときも同じ額で買うのは馬鹿げている。高くなったら買うのを止め、下がったときのみ買えばよい」という主張です。

しかし、これだと投資を始めてから株価が上がり続けていたら全然株を買えないことになります。
買うタイミングを計るべき、というのは株価を予想して買えと言ってるようなもので、素人には(過半数の玄人にも)できません。

自分もドルコスト平均法に全面的に賛成ではありませんが、荻原さんのこの主張には無理があると思います。

「ちょい投資」

それでも投資をしたい人には「ちょい投資」を勧めています。
具体的にはミニ公募債、時間をかけてリスクを減らすこと、個別株式への投資を挙げています。
リスクを抑えて投資を楽しめるものを考えた結果なのだと思います。

この辺は完全に趣味の世界なので、共感できる人は参考にすればよいのでは。

画竜点睛

退職金が入って「投資しないといけないのかな」と思ってしまっている人はまず読んだ方がいい本です。

優待銘柄の紹介④~イオン㈱

f:id:fp-uta:20171002232342j:plain

今日はイオンの株主優待を紹介します。

優待・配当に関する基本情報

(株価は2017年10月19日現在、優待内容と利回りは最低単元で購入した場合のものです。)

会社名     イオン㈱
証券コード   8267
単元      100株
株価      1,735.5円
最低必要投資額 173,550円
権利確定月   2月末日、8月末日
優待内容    購入金額の一部を後日キャッシュバック(*1)
配当金額    30円/年
優待+配当利回り 3.2%(*2)

1 株主に送付されるオーナーズカードをイオン系列のお店利用時に提示すると、後日3~7%(保有株式数による)が返金されます。

  その他にお客様感謝デーの5%オフやイオンラウンジが利用可能になったりします。

2 自分の2017年3~8月利用分のキャッシュバック額をもとに計算しました。

  (年間約85,000円購入して3%の返金率です)

購入理由(思い入れ)

引っ越して、近所にイオンがあったので。
利用頻度はそれほど高くありませんが、それなりに使うだろうということで。

お得ポイント

現金が戻ってくるというのは、確実でいいです。
わくわく感はありませんが。
あと「オーナーズカード」という名前は、気分がいいです。(100株で言うのもなんですが・・・)

改善要望

しいて言えば、オーナーズカードにwaonの機能があれば、買い物時に2枚のカードを出さなくてすむな、と思います。

失敗談

今週はじめに「返金引換証」が届いたので早速お店に持って行ったのですが、引換は明日土曜日からでした。(引換証に書いてあるのに気づきませんでした・・・)

気になったニュースを2つ紹介

f:id:fp-uta:20170704235151j:plain

ニュースで気になった記事を2つ。

仮想通貨「リップル」の取引所代表が詐欺容疑で逮捕

「リップル」詐欺容疑で代表逮捕、新興取引所の危うさ露呈 専門家も注意呼びかけ(1/2ページ) - 産経ニュース

昨日仮想通貨についての記事を書いたばかりということもあり、目につきました。
取引所代表が詐欺ということなので、仮想通貨そのものの信頼性によるものではありませんが、怖いです。
信頼できる取引所かはどうやったら確認できるんでしょうね。

落語で株式投資を紹介?

投資家増の切り札?東証で落語 | 2017/10/18(水) 8:06 - Yahoo!ニュース

以前、ニッセイアセットが同じような企画をしてTV番組をつくってました。
fp-uta.hatenablog.jp

面白い試みと思う反面、ここまでしないと投資にお金が向かわないって・・・とも思います。

蛇足

落語家のように面白く投資のことを話せるようになりたいものです。

週刊エコノミスト「ビットコイン入門」を読んで

f:id:fp-uta:20170704235151j:plain

密約?

今週の週刊東洋経済週刊ダイヤモンドはどちらもEV(電気自動車)特集です。
月曜日のクローズアップ現代もそうでした。
密約でもあるんでしょうか?

仮想通貨特集

そんな中、週刊エコノミストの特集は「ビットコイン入門」。
世界中に仮想通貨は800~1000もあるそうで、ビットコインはその1つにすぎないのですが
時価総額の約半分を占め知名度も断トツなので、タイトルとしてのわかりやすさを重視したのでしょう。

記事も「入門」の名の通り、わかりやすいものでした。
自分は以前、セミナーで聞いたおかげもあるかもしれませんが。
fp-uta.hatenablog.jp

仮想通貨の時価総額は増加が続き、投資、決済、資金調達と用途も広がり、今後ますますの可能性を感じさせられます。
一方で、価格の安定や継続性に懐疑的な見方も紹介され、バランスのとれた記事になっています。

投資対象としては・・・?

読んでいくうちに「話のネタにちょっとだけビットコインを買ってみようか」とも思いましたが、やっぱりやる気にはなれません。
よくわからないものに投資しないのは基本中の基本ですから。

やるなら「ゼロになってもよい」という覚悟を持った方がいいと思います。

蛇足

普段使っている(政府が発行している、現実の)通貨のこともあれこれ考えるきっかけになります。
例えば、現実の通貨も仮想通貨も「みんなが価値があると思ってるから価値がある」という点では同じだ、とか。
これも仮想通貨の恩恵かもしれません。

2017年9月末資産残高(リスク資産の内訳)

f:id:fp-uta:20171013060704j:plain

どの口座で何を

リスク資産の内訳ですが、個別の商品名ではなく「どの口座に何があるか」を載せたいと思います。

f:id:fp-uta:20171017054550j:plain

以前は特定口座であれこれ売り買いしてましたが、インデックス投資への移行に伴ってNISA口座に残高が移っています。
確定拠出年金(以下DC)は勤務先が確定給付年金から移行したもので、会社からの拠出金がほとんどです。
これをポートフォリオに含めてよいものか迷いましたが、自分で運用を指図しているので含めました。

今後は?

DCは会社と自分の拠出金があるので毎月増えていきます。
無リスク資産はほとんど増えないので、放っておくとリスク資産の比率がどんどん高くなっていきます。
運用がよっぽどマイナスにならない限り。

今年のNISA枠は使わず、来年以降もDCだけでいいのかもしれません。
でもそれじゃつまらないなあ、何かしたいなあというのが本音です。
もう少し考えてみます。

蛇足

こうやってうだうだ考えてるのが楽しいのかもしれません。

アクティブ投信を選ぶときの注意点

f:id:fp-uta:20170707021452j:plain

先週の週刊現代
「知っている人はとっくに買っている 年利10%、20%は当たり前 この投信で儲けた!」
という記事が載っていたので紹介します。

高リターンのアクティブ投資信託を紹介

この1年リターンの高かったアクティブ投資信託を11本、投資対象等の概要含め紹介しています。
信託報酬も「管理コスト」として明記していて、ほとんどが1%台、低いものは1%を切っています。
信託報酬をきちんと載せているのは少々意外でした。

市場全体との対比が重要

11本のうち10本は20%以上のリターン、高いものは40%台となっているので興味を惹かれますが、この1年は国内も海外も株価が上がっていたことを忘れてはいけません。
この記事では今年10月6日までの1年間のリターンを載せていたので、昨年10月6日と今年10月6日の各指数の増減率を調べてみました。

【国内株式】
日経平均 +22.4%
・TOPIX +24.6%
・JASDAQ +40.4%
【海外株式】
・MSCIコクサイ +30.1%
 (指数そのものは調べられず、インベスコMSCIコクサイ・インデックスの基準価額です)

信託報酬が0.2%前後のインデックスファンドでもこの1年はこれだけのリターンを得られたわけで、記事のファンドが決して特別ではないことがわかります。
長期保有したときに、毎年手数料の差以上の高いリターンを得られるかどうかが重要になってきます。

そういった意味で、1年のリターンしか載せていないのは不十分な気がします。

画竜点睛

アクティブ投信を選ぶときは、市場全体との比較、長期でのリターンを確認する必要があります。
(そもそもアクティブを選ぶ必要があるのか、ってのもありますが・・・。そこはまたいずれ。)

2017年9月末資産残高(無リスク資産の預け先)

f:id:fp-uta:20171013060704j:plain

無リスク資産はどこに預けているか?

一昨日全体の構成を公開しましたが、その中の無リスク資産(全体の65.1%)の運用方法を紹介します。
(無リスク資産なので「運用方法」と言うより「預け先」と言った方がしっくりきます)

静岡銀行 定期預金

地方銀行等でインターネット支店限定の定期預金キャンペーンがよく行われています。
静岡銀行は半年に一度比較的高利率のキャンペーンを行うので、毎年その時期に更新を繰り返しています。

地銀の中でも規模が大きく堅実な(=潰れそうにない)ことと、だいぶ下がってきたとはいえ利率が高いのが魅力です。
(今夏の利率が0.14%、昨冬は0.25%でした。)

個人向け国債

変動金利10年を保有、現在の利率は0.05%です。
しずぎんの定期は1年満期にしているので都度更新手続きが必要ですが、個人向け国債は放っておいてよいのがメリットと言えばメリットでしょうか。

住信SBIネット銀行 ハイブリッド預金

株式や投資信託を購入する場合、普通はまず証券会社の口座にお金を振り込む必要があります。
しかし、SBI証券の場合は系列の住信SBIネット銀行のハイブリッド預金口座がその役割を果たしてくれるので、その手間が不要になります。

利率は普通の銀行の定期預金並みの0.01%なので、株を買わない人にもメリットがあるのではないかと思います。
楽天証券楽天銀行にも同様のサービスがあります。)

三菱東京UFJ銀行 普通預金

社会人になってすぐ口座をつくって以来、持ち続けています。
メリットは職場の近くにATMがあることくらいですが、すべてネット銀行にすることに何となく抵抗があるのかもしれません。


画竜点睛
大した差ではなくなっていますが、有利な無リスク資産の預け先としては、
・ネット銀行やリアル銀行のインターネット支店等の高金利の定期預金
・条件を満たすことで高利率となる預金(上記ハイブリッド預金やイオン銀行普通預金等)
・個人向け国債
が挙げられます。