資産運用を楽しむブログ

社労士資格を持つファイナンシャルプランナーによるお金に関するあれこれ

投資スタイル(何を信じて投資するか)は3つに分類できる

f:id:fp-uta:20170707021452j:plain

投資スタイル=何を信じて投資するか

本屋さんに行くと投資の指南本が実にたくさんありますが、手に取ろうと思うものはわずかしかありません。
それは、自分にとって投資スタイルの異なるものがほとんどだからです。

投資にはリスクがつきものですが、「自分は損するだろう」と思って投資する人はいないはずです。
投資をする人は「こうすれば儲かるはずだ」と自分なりの根拠をもっています。

この根拠、すなわち「何を信じて投資するか」で投資スタイルを分類してみます。
これから投資を始めようという人にぜひ知っておいてもらいたいことです。

なお、話が広がりすぎるので、株式への投資に限定して考えてみます。

投資スタイルは3つに分けられる

「何を信じて投資するか」に着目すると、今の日本での投資スタイルは3つに分類できます。
それぞれの“信ずるところ”は下記のとおりです。

①個別銘柄の株価の動きは、(分析等を頑張れば)予測可能である。
②個別銘柄の株価の動きは予測できないが、長期的に平均株価は上昇する。
③配当・優待を得ることで株価の動きに関わらず利益をあげることができる。

①はずっと昔から行われていた投資法で、一般に「株式投資」と言われて多くの人が思い浮かべるものです。
②はインデックス投資のことで、「資本主義経済の発展を信じる」と言い換えることもできます。
③はキャピタルゲインではなく、インカムゲインによってリターンを得ようというものです。

「何を信じるか」というとまるで宗教のようですが、実際「違う神様を信じています」というくらいの差を感じます(特に①と②の間)。
①から始めたが失敗して、②に移行したという人は大勢います。自分もそうです。
「宗旨替え」といったところでしょうか。
経験も踏まえ、明日以降詳しく見ていきます。

画竜点睛

「儲かる」と思うから投資を始める。でもその根拠は様々。
自分と違う“宗派”のアドバイスを鵜呑みにしないよう。