資産運用を楽しむブログ

社労士資格を持つファイナンシャルプランナーによるお金に関するあれこれ

優待狙いは長期投資向きかも

f:id:fp-uta:20170704235151j:plain

お盆休みが終わっても生活リズムがなかなか戻らず、更新が遅れています。
本来火曜日に載せる、雑誌記事の紹介です。

珍しくマネー雑誌を読んでみた

マネー雑誌と呼べばいいんでしょうか、短期的な株価の動きや個別銘柄の推奨に重きを置いた雑誌がいくつか出ています。
自分は短期的な値動きで利益を得ようと思っていないですし、「そんなの当たるはずがない」と思っているので普段はほとんど読んでいません。

先週はお盆で週刊誌の発行がほとんどなかったので、日経マネー9月号をパラパラと読んでみました。

さわかみファンドの澤上さんによる長期投資の実践法

アクティブファンドとして有名なさわかみファンド澤上篤人さんによる長期投資の実践法が載っていました。
簡単に記すと
①自分が毎日の生活で利用している企業をリストアップする
②その中でなくなっては困る会社、本当に必要な会社を絞り込む
③下げ相場で安くなったときに絞り込んだ会社の株式を買う
というものです。

消費者としての目線を投資に活かすのは自分の住んでいる国でしかできませんが、有効だと思います。
③の下げ相場のときに買うというのが実際には難しいところですが、長期投資であればさほど気にしなくてもいいでしょう。

優待狙いに似ている

自分はリスク資産としてはインデックスファンドと優待目的の個別株式を保有していますが、優待目的の方は上記の長期投資に近いと感じました。
自分の場合、①のリストアップ時に株主優待があることが条件になっている、という感じでしょうか。

以前はよく権利確定直前に買っていたので、③は全然実現できておらず、優待で得られるプラス以上に権利落ちで株価が下がってしまっていることもしばしばでした。

昨年ほとんどの銘柄をNISA口座で購入し、値上がりしても売却しないことにしました。
知らぬ間に長期投資にしていたということでしょうか。

画竜点睛

消費者目線を活かして、優待の楽しみも味わいながら長期投資してみましょう。