楽しく堅実に資産を増やしたい

投資初心者に堅実な投資の情報を整理していきます

投資の考え方

株価が上がっているようですね

最近の株高について思うこと。インデックス投資家は「上がったから売却」とか考えません。

寄付をしやすく

災害が続くと、寄付をしやすくしてくれる仕組みっていいな、と思います。

ふるさと納税 制度見直しか

ふるさと納税制度の見直しが検討されるという記事について書きました。

脱税と節税、違法と脱法

節税を主目的とした生命保険を金融庁が問題視している、という朝日新聞の記事を読んで。

株価のチェックは、たまにしかしません

保有している株や投資信託の価格チェックは週1回くらいしかしていません。それでも全然問題ないのがインデックス投資のいいところです。

新社会人の資産形成~②貯められない人は給与天引きを

貯められない体質の人は給与天引きを利用するのがよいと思います。解約のしにくさもメリットになります。

新社会人の資産形成~財形貯蓄と持株会を勧めない理由

新社会人にお勧めの資産形成とは? 「お金に色をつけない」「収入源と資産を一気に失うリスクを避ける」ためには?

家電から投資のことを考えてみた

家電のことから、投資をしない習慣について考えてみました。

金融機関から資産を守り、健全な関係を

銀行のみならず証券会社や生命保険会社も含めた金融機関と、私たち一般消費者(以下、一般人と書きます)の関係は不健全だと感じています。

見えないから怖い

インフルエンザもお金も、見えないからこその怖さがあります。

「投資」と「投機」は別物。投資対象が何か=何を買っているのかを知ることが大事

投資信託のような金融商品であっても「最終的に何を買っているのか」を調べ考えることで、そもそも「投資」なのか「投機」なのか、どのようなリスクがあるのか、判断が可能になります。

年末温泉旅行の切符を金券ショップで購入

年末、草津に行きます 今年の年末は27日から休むことにしました。 自分だけではなく会社全体がそういう雰囲気で、いわゆる働き方改革のおかげとも言えます。これを利用して、家族で温泉に行くことにしました。 行先は、超有名温泉地なのになぜか行ったことの…

10代の若者は「いずれ金利が上がると…」を想像できるのか?

今世紀生まれ=10代の若者の金利観・株価観を少し想像してみることで、誰もが生きてきた時代のバイアスを受けていることがわかります。

リスク資産の比率を決めて守るのが大事、でも・・・

リスク資産の比率の上限を決めて守ることが大事です。

こんなところにつみたてNISA

日本シリーズを見ていたら「つみたてNISA」の広告が出ていました。投資関連の情報はどうやったら関心の低い人に届けられるのか・・・。

日経平均15連騰!

日経平均15連騰についての雑感です。

荻原博子さんの「投資なんか、おやめなさい」を読んで

「投資なんか、おやめなさい」(荻原博子、新潮新書)を読んだ感想です。 荻原さんが怖い顔で・・・ 荻原さんはテレビでもよく見かけ、お金のことをわかりやすく穏やかに教えてくれるちょっと上品なおばさま、と思ってました。 それがこの本の帯では恐い顔を…

権利確定日前後の株価推移

権利確定日前後の株価推移について。

株主優待の失敗談

株主優待目当てに株を買ったときの失敗談です。

個人金融資産は過去最高なれど

日本の個人金融資産残高は最高なれど、投資への流れは加速せず。

金融庁は本気で投資環境を整備してくれている

つみたてNISAフェスティバルなるものが開催されたそうです。金融庁の取組みをもっと広く伝えられれば。

「儲からなければ楽しくない」は正しいか?

どんなに頑張っても、投資の素人が必ず儲けるのは無理があります。 だからこそ、たとえ儲からなくても楽しみを見出し、投資を続けていくことが大切です。

投資信託の委託者の責任とは?

投資信託購入時の注意点と買ってからチェックすべきことは何か。

信託博物館に行きました

丸の内にある信託博物館に行った感想です。

安全資産の分散と集中

高齢者の安全資産は定期預金と個人向け国債で運用、金融機関は適度に分散させましょう。

優待狙いは長期投資向きかも

消費者目線を活かして、優待の楽しみも味わいながら長期投資してみましょう。

ネットを使えない高齢者はインデックス投資できないのか?

メガバンクや大手証券会社でインデックス投資するのは、現状では“至難の業”です。

資産運用して楽しいことって?

未来がわからない以上、資産運用に絶対の正解はありません。 それぞれのスタイルで楽しみましょう。

住宅ローンは高利回りの安定運用

住宅ローン減税の利用で安全に高利回りが期待できます。 購入時に余裕があっても、適用上限額を少し超えるだけ お金を借りておいたほうがお得です。

貯まらない人はお金の"基礎代謝"が高い

前回の記事で「お金の貯まりやすさは体質のようなもの」と書きました。 今回は、「太りにくい体質」と比較しながら書いていきたいと思います。◎体重(脂肪)が増える理由 体重の増減は摂取カロリーと消費カロリーの差で決まります。 体重の増加量=摂取カロリ…